部分痩せ・小顔なら 福井市の佐藤整形形成外科・美容医療|顔のエラ 二重アゴ など

Tel0776-35-5151
開院時間(予約制)

部分痩せ・小顔

小顔を希望される方には、咬筋という咬むための筋肉が発達して大きくなっている方、皮下脂肪が多い方、土台である顔の骨が突出しているといった原因が考えられます。ご希望される顔の形、現在どのような状態にあるかを丁寧に診察し、どの治療法が最適であるかを判断し、治療が必要な場合は適切な治療法をご提案します。以下、タイプ別の治療法となります。

顔のエラを解消したい

咬筋が発達しているとエラが張って顔が大きく見えることがあります。この場合に有効とされているのが、咬筋ボトックス注射です。咬筋は咬むために働いている筋肉です。

実際には、咬筋内にボトックスを注入していきます。効果は1か月後ころより出現します。咬筋を痩せさせるため、5-6ヶ月毎に1度の治療を少なくとも3回行うことをおすすめしています。

また、副作用に関してですが、注射針によるチクッとした痛み、注射した部位に腫れや赤み、内出血が見られるほか、稀にアレルギー症状が起きることもあります。

頬の脂肪、二重アゴが気になる

二重アゴに見える部分をどうにかなくしたい、頬の脂肪だけはダイエットをしても取ることができないとお悩みの方が、メスを使わずに理想の小顔を期待できる治療法としてBNLS neo注射があります。
BNLS neo注射は、植物成分を主成分とし、リンパ循環作用、脂肪分解作用、肌のひきしめ作用により顔の部分やせ治療を行います。さらに、デオキシコール酸という米国FDAが脂肪溶解効果を承認する成分も含まれています。従来のホスファチジルコリンを用いた脂肪溶解注射とは異なり、注射後の腫れや熱感が生じにくい部分やせ治療です。
これまで重篤な副作用は報告されていませんが、麻酔の注射や植物アレルギーがある方には治療できません。ほか、注射部位に痛みや、赤みや内出血が見られることはあります。

お顔以外の二の腕や太ももに対する脂肪溶解注射も対応しておりますのでお気軽にご相談ください。